工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2022年06月14日未分類

仕事を途切れさせない為には

おはようございます。九州南部も例年より少し遅れて梅雨入りしました。梅雨は、毎年やってきます。梅雨の時期は雨が多い、そして、梅雨明けすると本格的な夏がやってきます。

私たち建築屋は、雨の日でもできる仕事を常に用意しておく必要があります。お客さまと会話をして、室内の仕事や家具の造作であれば、雨の日を狙って待っていただくお願いをしたりします。

父である先代の社長が口癖のように言っていました。「大工を遊ばせるな」

大工さんを遊ばせないように、根回ししたり、段取りしたりしているつもりですが、ポッと仕事が甘くなってしまうことが未だにあります。その度に反省しながら、前を向くことにしています。今年は、その段取りがうまくできておらず反省しているところです。

見積を頼んでいただいているお客さま、現場を見て相談にのってくれと言ってくれているお客さまに対して、どれだけ忙しくても真摯に向き合い、一つ一つの仕事を丁寧に熟していけるか。簡単なようでとても難しいことです。

いま、私の自宅の見積・段取りをしています。借入れ先への提出書類の準備、見積内容の見直し、設計事務所さんへの相談、やることは山積しています。それでも「一つ一つ」心を落ち着かせながら、平常心にならなければ話は進みません。

仕事を途切れさせないためには、自宅にしても、お客さまの仕事にしても、段取りが大事です。雨が降り注ぐ新緑を見ながら、ひたすら机に向かっています。

オーナーズインタビュー vol.1