工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2021年11月16日未分類

リピーターになっていただくためには【後編】

前回のブログでは、前編と題して、浴室のリフォームについてご紹介しました。

今回は、同じお客様のお宅で、実際に行った洗面脱衣室のリフォームについてを後編としてお送りします。

ビフォアー:暗い洗面脱衣室

工事前の洗面脱衣室は、北側ということもあり、窓が大きい割には暗い印象で、その大きな窓のおかげで冬はとても寒いと状態でした。

ビフォアー:収納の少なさが露呈

それとお客さまからお願いされてのが、廊下からの出入り口を移動することと、洗面脱衣室内に収納棚が欲しいとのご要望でした。

洗面脱衣室の入り口の横に廊下から使用する物入があり、それがあることで部屋のスペースが狭くなっていたのです。

ビフォアー:左側が物入、右側が出入り口

そこで、この物入を解体し、洗面脱衣室の部屋を広くするご提案をしました。物入が使われていれば別ですが、ほとんど有効活用させておらず。だったら、洗面脱衣室内に収納を造りましょうとご提案してとことです。

アフター:明るくなった洗面脱衣室

こちらがリフォーム後のアフター写真です。洗濯機と洗面化粧台の配置を変えて、窓も高窓にすることで北面でありながら明るさを確保することができました。お客様がどんな問題に直面し、何にお困りなのか。実は、私たち工務店も造ることが一番の仕事のように感じますが、「まずは、会話をすること。聞くこと。」がとても大切な仕事だと考えています。

アフター:新しい収納棚と廊下側にも高窓を設置

リフォームして一年経った今、「リフォームしたお風呂や洗面脱衣室をとても快適に使わせてもらっています。ありがとうございます。」という嬉しいお言葉を先日いただき、そしてまた新しいリフォームの御依頼を同じお客さまからいただくことができました。

リピート客を増やす方法、それは、新聞広告やネット広告でなく、足を動かすことに尽きると感じています。地道に、コツコツと、お客さまとの関係を築いていきながら、信用度をアップさせていく。

それが、1度、2度、3度と仕事を頼んでいただけることに繋がるのではないかと私は思います。これからも、一つ一つ丁寧に、雑にならない、傲慢にならないように気を付けながら頑張っていきます。

長々と書いたブログを読んでいただき、ありがとうございました。

オーナーズインタビュー vol.1