工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2021年06月15日未分類

窓のインテリアは悩ましい

いま進行中のOさまご夫婦と「窓のインテリアを何にするか」一緒になって悩んでいるところです。

こちらの写真は、シングルタイプのプリーツスクリーン。窓枠の内々に取り付けることが多く、レースもないため、止める場所によって表情が変わります。小さい窓から大きい窓まで対応できるのも魅力的です。

こちらの写真は、プレーンシェード。窓の上に取付けることが多く、ガラス面を遮らない、外と内の景観が繋ぎやすい商品です。上に畳むといいますか、上げたときにこの様な溜まりができます。これを良いと思う方と嫌だと思う方で好き好きがハッキリ分かれる商品です。

こちらは、ダブルのカーテンです。レースとカーテンを奥と手前に取付け、用途に合わせて、使うことができます。レースだけ・・・という方は少なく、だいたいダブルでセットされる方が多いです。カーテンは、両サイドなどに畳みしろといいますか、溜まりができてしまうため、邪魔になるケースもありますが、生地の種類も断トツで多いため、いまでも根強い人気です。

私もさらに勉強にして「窓のインテリアは悩ましい」ですが、色んな提案がお客様にご提案できるように励んでいきたいと思います。

オーナーズインタビュー vol.1