工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2021年01月26日未分類

大切な住宅・命を守るために

おはようございます。今朝は、朝4時前に火災のサイレンが鳴り、目を覚ましました。私が暮らす高鍋町内で住宅の家屋火災が発生!地元の消防団員として出動してきました。出動し、消火活動に尽力した東児湯消防組合の職員の皆さん、高鍋町消防団幹部一同、消防団員の皆さん、本当にお疲れさまでした。

消防団員はボランティアですが、町民の生命・財産を守るという立派な使命があります。夜中であろうが、仕事で疲れていようが出動できるときは出動します。しかし、あくまでも消防団員はプロの消防隊の補佐という立場です。

今回の出火原因や被害状況は分かりませんが、火災現場について燃え上がる住宅を目の当たりにしたときに、あらためて「火災の怖さ」を痛感しました。

この時期になると空気も乾燥し火災の発生しやすい環境になっています。

皆さんも「大切な住宅を守るため」「大切な命を守るため」にしっかりと備えてください。

火災で多いのが「漏電」です。一か所のコンセントから延長コードを使って電源を確保している方は多くいらっしゃると思います。しかし、そこに埃がたまり、プラグの部分と埃が着火するケースがあります。テレビの後ろやエアコンのコンセント廻りなどマメに掃除されてますか?なかなか掃除できてないのが実情だと思います。

「私の住宅は大丈夫」その油断は禁物です。

もう一度、ご自分の住宅にあるコンセント廻りを掃除したり、古い灯油ストーブなども買い替えを検討したりしてみてください。備えることが自分の命や家族の命を守ることに繋がります。

また、住宅用火災警報器はちゃんと設置されてますか?寝室、子供室、キッチンなど居室に設置することが義務化されています。

火災警報器も電池式がほとんどですので、ちゃんと音が鳴るかどうかボタンを押して電池が切れてないか確認してみてください。約10年ほどで電池が切れると言われています。

まだまだ火災の発生しやすい、乾燥した気候が続きますので、皆さんもご注意ください。

2021年01月22日未分類

住宅をどこまで機械化するか

いま、携帯端末は5Gになると盛んにテレビCMなどで放送されています。また携帯料金の値下げを政府が公言したため、携帯会社さんも料金の見直しなど対応に追われています。住宅は、国から値下げしなさいと言われたりしてませんが、着工棟数が低迷しているため、様々な補助金を絡めて、どうにか需要が落ち込まないように施策を練っているようですが、どれも書類・・・書類・・・で相変わらず手続きが複雑です。

携帯も住宅も、もう少し手続きをスマートにできないものでしょうか。

建築業界も新型コロナウイルスの影響が徐々に出始めています。特に店舗設計や施工をメインにされている会社さんに多いようです。例えば、職を失ってしまったり、給料を下げられ所得が減ってしまったり・・・あまりマイナスなことは書きたくないですが、苦労されている方はどんどん増える一方です。

そうすると、住宅を建てるかた、リフォームする方も減ってくるのではないか。

ただ、私たち工務店や建築会社もいま出来ることを粛々とやっていくことで前を向いています。どうすれば、住宅の住み心地が良くなるか、どうすればお客様に喜んでいただけるのか。今年は、さらに追及していかねばなりません。

今日のブログのテーマは、「住宅をどこまで機械化するか」というタイトルにしました。

こちらは、インターホンの写真です。カメラ付きが当たり前になってきましたが、昔はチャイムの押しボタンだけでした。住宅もどんどんAIやIoTなど機械化してきています。共働きの家族が増え、外出先や仕事先でもインターホンを押すとスマホに画面が転送され、家に来た方と会話ができたりします。

こちらは、電気錠の玄関の写真です。たとえば、お父さんやお母さんが仕事で家に居ないときに、子供さんが学校から帰ってきたとします。

カードキーやシールキーを使い、子供が玄関扉を開錠するとやはりスマホと連動し、子供が家に帰ってきたことをお知らせしてくれたりします。

皆さんは、ご自分の家をどこまで機械化したいですか?難しい内容ですよね。

WB HOUSE の住宅は機械に頼らず、人と同じように自然な形で家が呼吸できるよう私たちは造っています。しかし、その家に機械をどこまで組み合わせるのか。これも今後の大切なテーマになってきそうです。

機械化や自動化は、住まい手の考え方に寄り添いながら、私たちが提案し、お客様に選択していただくように、これからも勉強していきます。

2021年01月16日未分類

薪ストーブ × WB HOUSE【連載③】

川南町で進行中のKさま邸新築工事は、天候にも恵まれ、順調に施工が進んでいます。

WB HOUSE の肝である断熱材の施工が完了しました。

壁と屋根の断熱材だけで、使用した枚数は150枚以上。何と!その枚数を弊社の大工さんは2人で3日弱で施工を終えました。

すごい!の一言です。どんどん要領が良くなり、段取りもバッチリで施工スピードが増しております。寒い中、頑張ってくれている大工さんには感謝ですね。

昨日からは、外壁のサイディング張りを行っています。完成が楽しみです。

2021年01月12日未分類

洋風のL字型平屋建て WB HOUSE 【連載⑤】

今回は、昨年の年末にお引渡ししたIさま邸の施工実績についてご紹介します。テーマは「アイランドキッチン」についてです。

対面式であり、なおかつ、どの方向からでもキッチンへ出入りできるのがアイランドキッチンの特徴です。まさに、リビングの主役となります。

今回、採用されたのは、クリナップのステディアという商品です。松たか子さんがCMで「クリナップ♫」と紹介されていることでも有名ですよね。

内装の色合いを決めるのに、Iさまご夫婦は、まず床の色を決めて、それからキッチンの色をお決めになったと記憶しています。システムキッチンの色は、内装のバランスや統一感を決める上でもとても重要です。

それから、アイランドキッチンとバック収納の離れも1mにするか、1.1mにするか、現場でお客様の打合せして決めています。狭すぎても広すぎても使い勝手が悪くなってしまうので、配置も非常に大事です。

やはり、間取りを決める際に「料理をしながら、テレビが見たい」「家事をしながら子供の様子が見たい」という奥さまが圧倒的に多いように感じます。Iさまからも同様のご要望がありました。

あと、皆さんお気づきでしょうか?キッチンの足元を見てください。

アイランドキッチンの大変な点は、「お掃除」です。Iさまと話し合い、キッチンの足元はフロアーではなく、樹脂製のフロアタイルを貼りました。

フロアーと違って、サネがないため、油などが飛散してもお掃除が楽になります。

また、天井高をリビングは2,650mm、キッチンは2,400mmにし、クロスの柄も替えて変化をもたらしたこともキッチンを際立たせていますね。

リビングのL型になっているスペースには、将来的にウッドテラスを造ろうと計画されています。外と中が一体となって、家族団らんの時間もさらに楽しくなりそうです。

2021年01月07日未分類

新年のご挨拶

新年のご挨拶が遅くなってしまいました。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

弊社では、昨日の1月6日が仕事初めでした。

「工さんのところは、ゆっくり休まれるんですねぇ」と何人かの方に言われてしまいましたが、自営業であるとどうしても通常時の休みが少ないので、正月、お盆、GWはしっかり休むようにしております。ご了承ください。

ただ、正月休み中もお客様から電話が入り、対応した日もありましたが、おかげさまでゆっくりと休むことができました。

今年の目標としては、

①デザイン(外観、内観)の向上および学習

②機械(IT)に強くなる ※タブレットなどの利用促進

③若手大工の育成と人間関係の構築

④WB HOUSE の更なる促進と学習

この4つを私自身の目標としました。

新型コロナウイルスの感染拡大が日に日に増しておりますね。実は、私自身も昨年の7月末にコロナに感染し、大変な想いをしました。そして、周りの方々に多大なご迷惑やご心配をおかけしました。

「明日は我が身」でありますし、人から人へ感染させないためには、ルールを守ることが大切です。そして、何よりも大切なのは、「思いやり」と「我慢」だと私は思います。

今年も年始めから、感染者が増加しており、たくさんの方が犠牲にあったり、対応に追われたりしているかと思います。どうか、負けないでください。そして、どうか自分を責めないでください。

今年一年が皆様にとって、幸せな年になりますように祈念いたします。

工建設(株)の従業員一同、宜しくお願い致します。

オーナーズインタビュー vol.1