工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2020年04月13日未分類

夢のある仕事のお手伝い

今日は『いちごの観光農園を作りたい』と2年前に相談があり、いまその夢のある仕事のお手伝いをさせてもらっている同級生の若松くんについて書きます。

土地の造成や整備を昨年の年末からさせてもらい、ハウス業者さんが定植ハウスと園芸ハウスを建設され、いま弊社で鉄骨の作業場を建設中です。

建設しているのは川南町のトロントロン商店街よりも、だいぶ東側でして、香川ランチと川南駅のちょうど中間辺りに立地しています。いちご狩りができる観光農園の立ち上げを目指している若松くんは、個人事業者として会社を立ち上げ頑張っています。

その夢を形にするために、お手伝いができることはこの上無い喜びです。

作業場の完成まで誠心誠意、きれいな施工を心がけ、喜んでもらえるよう頑張ります。

どんな観光農園が完成するのか、皆さんもお楽しみに。

最後に、宮崎県外の東京や大阪で居酒屋を経営したり、個人事業主として頑張っている同級生のみんな。ほんとに、しんどい時期だと思いますが、こうやって頑張っている同級生も居ますので、少しでも力に代えて、この苦難を乗りきって下さい。

オーナーズインタビュー vol.1