工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2018年06月06日未分類

高鍋町の新築平屋建てWBHOUSE【連載①】

宮崎県も梅雨入りし、工務店としては仕事の段取りが難しい季節がやってきました。

高鍋町の平屋建てWBHOUSE第2弾と題しまして、K様と計画を奨めてきました間取りが決まり、材木の墨付けに着手しております。

材木の墨付けや加工・刻みを行う弊社の作業場も木の香りと牧草棟梁の真剣な墨付け風景で、引き締まった空気が漂っています。

いま、建物の支えとなる土台の墨付けを行っています。弊社では、檜材を採用しております。牧草棟梁が一本一本、材木を見ながら、墨付けする姿は緊迫感があり、私も気の引き締まる思いです。

K様邸は、ご両親が以前住んでいた住宅に住まわれており、すでに仮引っ越しをされているため、これから既存の住宅を解体し整地してから、現場の工事着工となります。これからも随時更新していきますので、お楽しみに。

オーナーズインタビュー vol.1