工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2018年06月19日未分類

高鍋町の新築平屋建てWBHOUSE【連載②】

おはようございます。高鍋町では、さきほどから大雨が降っています。

昨日は、朝8時前の通勤通学の時間帯に、大阪府で震度6弱の地震が発生しました。地震により亡くなられた方、怪我をされた方に対し、心からお悔やみ申し上げます。

今年は火山活動も盛んであり、地震も多く発生しています。私たち工務店も、万が一に備え、OBのお客様や近隣住民の方に家具の固定などの地震対策を呼び掛けていきたいと思います。

明日は我が身です。

他人事とは考えず、いつ起きるか分からない地震に備えていきましょう❗

弊社では、着々と新築物件の準備を進めています。今日も作業場で、構造材の墨付け・手刻みを行っています。

軒桁・梁に墨付けする牧草棟梁

大引を刻む大西大工

母屋を刻み加工する長友大工

3人の作業する姿をぜひ施主のK様にも見に来ていただきたいですねぇ。

この高鍋町の新築平屋建てWBHOUSE第2弾、K様邸は、8月の盆明けぐらいに棟上げを予定しております。

2018年06月16日未分類

ハウスフェスタ2018!

こんにちは。この時期に台風6号が接近していますね。風よりも雨量が心配ですね~。みなさん、雨樋が詰まったりしていませんかぁ?屋根の上に登るのが恐くて、雨樋に詰まった葉っぱなどが取れない方は、ぜひ弊社のような工務店に相談してみてください。

さて、私は先週末に、福岡へ行って来ました。目的は、ヤマエ久野さんが主催するハウスフェスタ2018(展示会)に参加するためです。この展示会には、たくさんのメーカーさんがブースを構え、新商品発表や自社の商品アピールをメインに行います。

その中でも、私が気になった商品をいくつかご紹介します。

まずは、Panasonicさんの、『いろりダイニング』

キッチンの横にダイニングテーブルがあるのかと思いきや、テーブル自体がIHコンロになっているんです。たくさんの、鍋やフライパンを同時に温めることができ、料理をしながら、家族団らんの時間を過ごすことができます。

この商品は、料理好きな奥さんでも、なかなか使いこなすのは大変そうですが、これからどれだけヒットするか楽しみな商品です。

そして、さらに驚いたのは、Panasonicさんの食洗機!なんと!2回ほど扉をコンコンッとノックするだけで、扉が手前に開くんです。技術の進歩は、凄いですね~。

プレゼンしてくれた、お兄さんが、自慢気に説明してくれました(笑)

つぎに、TOTOさんの新商品ユニットバス『SYNLA(シンラ)』なんとなんと、浴槽の横から滝のように、お湯が出るんです。打たせ湯のように、首や肩の凝りがほぐれそうでした。

使ってみないと、お客さんに率直な感想やオススメポイントを伝えることはできませんが、要チェックの商品ですね。

続きまして、大建さんの内部建具『ハピア』

弊社では、2年前から既製品の内部建具を使用しています。昔に比べ、商品の品質や精度が上がっていること。また、建具を作る業者さんが減っていることも1つの要因です。大建さんの内部建具は、少し色や柄のバリエーションが少なかったのですが、この度、バリエーションも増え、柄もスタイリッシュになりました。

最後に、クリナップさんのシステムキッチン『CENTRO(セントロ)』

なんと、扉までもがオールステンレスなんです。しかも!ステンレスカラーも選べるとのこと。今回は詳しい説明を聞けませんでしたが、男性が好みそうなカッコイイ商品でした。

なが~いblogになってしまいましたが、このように日々勉強しております。少しでも、お客さんの求めるニーズに対して、提案やアドバイスができるように、これからもお客さんと共に学んでいきたいですね。

2018年06月06日未分類

高鍋町の新築平屋建てWBHOUSE【連載①】

宮崎県も梅雨入りし、工務店としては仕事の段取りが難しい季節がやってきました。

高鍋町の平屋建てWBHOUSE第2弾と題しまして、K様と計画を奨めてきました間取りが決まり、材木の墨付けに着手しております。

材木の墨付けや加工・刻みを行う弊社の作業場も木の香りと牧草棟梁の真剣な墨付け風景で、引き締まった空気が漂っています。

いま、建物の支えとなる土台の墨付けを行っています。弊社では、檜材を採用しております。牧草棟梁が一本一本、材木を見ながら、墨付けする姿は緊迫感があり、私も気の引き締まる思いです。

K様邸は、ご両親が以前住んでいた住宅に住まわれており、すでに仮引っ越しをされているため、これから既存の住宅を解体し整地してから、現場の工事着工となります。これからも随時更新していきますので、お楽しみに。

2018年06月06日未分類

川南町の住宅リフォーム

ブログの更新を疎かにしておりました。いつも見て下さっていた方、申し訳ありません。

3月末に荒川様の新築をお引渡ししてから、現在の6月上旬まで次の新築物件の打合せや中古住宅改修の打合せ、住宅のリフォーム工事などを行ってました。

今日は、4月中旬から5月下旬まで施工させてもらった川南町のリフォーム工事についてご紹介します。

施主様は、弊社の塗装工事を担当して下さっている、平田塗装店の親方です。工事の要望としては、8帖と6帖の和室2間を1部屋にまとめ洋室にしたいという内容でした。南側には昔ながらの縁側があり、和室の方に自然光が入りにくい環境でした。

着工前の現況写真がこちらです。

こちらが西面

こちらが東面です。

間仕切り壁が多い分、部屋が暗いというのが最初の印象でした。親方もご自分の子供3人が成人しており、滅多に和室2間を使ってのイベントなども減っているため、洋室にすることは時の流れに合わせた必然的なリフォームだったように思います。

縁側と和室との間仕切りにも、下の写真のように障子があったため、だいぶ使いにくそうな印象でした。

最初は和室2間を1室の洋室にするだけの予定でしたが、着工してすぐに親方の方から、「縁側との間仕切りも撤去してしまおう!」と追加の要望が!!

最終的に、こんな感じに完成しました。

東面は、TV置き場を設けました。壁は板張りにしたいとのことで、親方が建材屋さんから選んできた桧の床材を壁に張りました^^床材には、IKUTAというメーカーのラスティックフロアーを採用。着工前とだいぶ印象が変わったかと思います。

西面の床の間と仏間の砂壁は、そのまま残し、雰囲気を継承しました。

縁側もこの通り!かなり開けた気持ちいいスペースにリフォームできました。このスペースに洗濯物を干されるそうです。

写真だと少し分かりにくいですが、間仕切りを無くした分、南面からの光が差し込み、部屋全体の明るさが格段によくなりました。構造的に撤去できなかった5寸角の柱は、杉の化粧板を4面張り合わせ、様変わりさせました。

弊社では、新築だけでなく、このようなリフォーム工事も受注しております。リフォームをご検討の方もぜひお気軽に御相談ください。

2018年04月21日未分類

高鍋町の新築平屋建て WB HOUSE ⑦(完成内観写真)

おはようございます。

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィークですね。弊社も暦通りに5月3日~6日までお休みさせていただきます。

今回のブログでは、先日完成見学会およびお引渡しをさせていただいた荒川様邸の内観写真と共にプランの趣旨なども添えてご紹介させてもらいます。

①玄関・ホール

ウッドワン社製の扉が玄関の雰囲気を演出してくれています。この無垢ならではの質感とチェッカーガラスがかわいいですよね。そして、お子さんが外で遊んで家に帰ったら、まずは玄関で手を洗ってもらうために手作りの手洗いカウンターも設置しました。飾り棚もどんなものが飾られるか、楽しみです。

②シューズクローゼット

こちらは玄関に入って正面に設けたシューズクローゼットです。釣り好きな旦那さんのために、奥の棚板は奥行きを大きくしクーラーBOXなども置けるようにしました。子供さんも多いので靴の収納が足りてるかどうか気になるところですが、時の流れや生活の変化に対応できるよう靴を置く棚は可動式にしました。もちろん後で棚板を追加することも可能です。

③リビング・ダイニング・キッチン

吹き抜け空間が気持ちいいリビングです。夏は、電動で開閉できる高窓から涼しい風が入ってくるよう設計しました。シーリングファンも室内の空気を循環させるために欠かせないアイテムです。吹き抜けがあると冷暖房効率が悪くなるイメージが強いですが、WB HOUSE であることがどれほど効果を発揮するのか、荒川様に生活しながらの感想なども聞いていきたいと考えています。

キッチンは対面式になっています。玄関から子供たちが帰宅してもすぐに顔が見れる、リビングを中心にした間取り計画になっています。キッチンで料理や家事をしながら、家族の様子が見れる空間がこの住まいのポイントになっています。

キッチンは、Takara Standardを採用。奥様が選んだポイントは、やはり「タカラ~ホーロー♪」です。まだ幼い子供さんたちがヤンチャをしても、傷がつきにくく丈夫であることが一番のポイントでした。バック収納も食器や炊飯器など大半のものが収納できる商品になっています。

④パントリー

見学会に来られた方が一番リアクションの大きかった部屋がこのパントリーです。キッチンの裏に隠し部屋の様に存在してますが、ある程度の食材などが備蓄できます。部屋の奥には、奥さんがちょっとした家事のできるテーブルも造作しました。

⑤洗面脱衣室

この部屋、洗面脱衣室です。洗面カウンターも収納ももちろん弊社のオーダーメイド。スペースを無駄にしないこと、使いやすいことをテーマに設計しました。

出入り口の上には室内干し用の物干しが設置してあります。共働きであるご夫婦にとって、必需品のアイテムです。

⑥トイレ

この部屋はトイレなんですが、もう見た目は奥さんの部屋です。かわいらしい商品ばかり。鏡が手元に届いたときには、さすがに私も驚きました^^

荒川家は男性4女性1という割合のため、トイレの床はフローリングではなく、TOTO社製のハイドロセラミックを採用しました。ほとんど継ぎ目がないため、掃除やしやすくアンモニア臭に悩むことが軽減されます。ただ、セラミックなので冬はキンキンに冷たくなります。スリッパを履いてご利用ください。

⑦子供室

8帖の部屋を2人で使用する計画になっています。扉も引違いにし、照明のスイッチも2か所に分けました。子供室を1人ずつに与えるか、同性であれば1部屋を2人で使ったりと、間取りを考える段階でお客様が悩まれるのがまさに子供室です。荒川さんのセンスがよく、壁紙とウッドワンの扉がマッチしています。

 

今回、同級生でもある荒川様に大切なマイホームを頼んでもらいました。本当に感謝しています。あらためて、ありがとうございます。

これからが末長いお付き合い。

いかに私たち工務店がアフターメンテナンスをちゃんとやっていけるか。人と家が共にストレスなく住めるか。これからも見守り続けていきます。

2018年04月04日未分類

高鍋町の新築平屋建て WB HOUSE⑥(完成見学会の御礼)

3月24日(土)と25日(日)に高鍋町の 新築平屋建て WB HOUSE で完成見学会を開催しました。

おかげさまで、72組154名(子供さんも入れて)の方にご来場いただきました!!会社を代表し、心から感謝申し上げます。

外構が仕上がっていなかったのが唯一の心残りですが、たくさんの方に完成した住宅を観てもらい、顔を合わせて会話をすることもできましたし、本当に有意義な時間を過ごすことができました。用意していた、弊社の大工手作りのカットボードも足りるかどうか途中からヒヤヒヤもんでしたが、80枚すべて配り終わりました。

カットボードは、相馬印判店の相馬様に手配してもらった焼印を入れ、自然塗料で塗装し仕上げておりました。来場された方々が喜んで下さったことが何より嬉しかったです。

当日は、受付を用意しました。

集計したところ、

新聞折り込みを見て来られた方が24組、Facebookを見て来られた方が2組、知人友人の案内が27組、その他が13組という結果でした。

市町村別でいきますと、高鍋町の方が48組、木城町が8組、西都・都農・宮崎市が3組、川南が2組、新富が1組という結果でした。弊社が初めて試みた新聞折り込みもある一定の成果をあげれたと感じています。

来場された方の目的は、様々でした。一番感心をもたれた点は、断トツで間取りです。収納量やデザインはもちろん感心をもたれている方が多かったように感じます。また、リフォームをお考えの方も多く、システムキッチンやユニットバスなどを中心に観て帰られました。当日は、Takara Standard の営業マンにも来てもらっていたので、細やかな配慮ができたかなと思います。

ご家族で来られる方が多かったので、子供さんもたくさん来られました。「これは何やと~」「何でここは広いと~」などなど子供からの質問には終始タジタジでしたが、純粋な質問の中には、違う視点での感性に勉強になる点もたくさんありました。

ただ、集中力の持たないのが子供です。ご夫婦は建物内に残り、私たちの説明を聞いてる間、子供たちが退屈しないようにキッズスペースも設けていました。

こちらが WB HOUSE の仕組みを説明するための模型です。来場された方の許される滞在時間に合わせ、なるべく簡潔に説明させてもらいました。中には、「もっと知りたい」と質問して下さる方もいて、私としては説明のし甲斐があり、充実した時間でした。

弊社が掲げる「息づく家づくり」は、WB HOUSE を基本とした、人と家が末長く快適な空気環境で呼吸でき共存できる家づくりを目指しています。これからも、素敵な出会いを求めつつ、お客様に喜んでもらえる家づくりを続けていきます。

今回、完成見学会をさせて下さった荒川様、本当にありがとうございました。

また、ご来場して下さった方々、お忙しい中足を運んでくださり、ありがとうございました。

2018年03月09日未分類

高鍋町のWB HOUSE 新築平屋建て⑤(完成見学会のお知らせ)

おはようございます。
1月下旬に構造の見学会を開催した高鍋町の新築物件でこの度、完成見学会を開催することになりました^^

荒川様のご厚意により、完成の見学会も開催させてもらえることになり、大変有難く思っております。荒川様、有難うございます。
今回は、宮崎日日新聞へチラシの折り込みも実施します。
(3月20日に高鍋、川南、新富、木城に配布予定)

完成見学会は、
◎日時:3月24日(土)と25日(日)の2日間
◎時間:朝9時~夕方5時まで
※24日(土)は、多田が午後2時以降不在となります。ご了承ください。予約などは不要です。

今回のコンセプトは、
①和と洋を融合した内観デザイン
②リビングを中心に計画された間取り
③リビングの吹き抜け空間
④シューズクローク、ウォークインクローゼット、パントリーなど収納スペース多さも魅力
⑤ウッドワンの足触りのいいフローリング
⑥息子3人対策!システムキッチンやユニットバスは、タカラスタンダードのホーローを採用
とたくさんの魅力が満載です。

弊社が推奨しているWB HOUSEは、何が違うのか?
まずは、その空気を体感してみませんか?
空気に敏感な方ほど、家の中に入った瞬間にその違いに気づかれます。

マイホームを考えている方、中古住宅を購入してリフォームを検討されている方などなど、どんな理由でも構いません。
是非、一度、ご家族でご来場ください!!
来場者の方には、工(たくみ)の職人が手作りしたカットボードをプレゼントいたします。お楽しみに~♪

2018年02月08日未分類

リフォーム工事【浴室編】

毎日毎日、寒い日が続いてますね。私が住んでいる宮崎の平野部は、雪が降ることはほとんどありません。九州北部や北陸地方の方、雪が当たり前に降る地域に住んでる方は、大変な中で生活されてることと思います。車での事故や屋根の雪下ろし最中の怪我などニュースで見るたびに、心が痛みます。雪の降らない地域で生活できていること事態が恵まれていることに感謝しないといけないですね。それにしても・・・この寒さはいつまで続くのでしょうか。

さて、今日は、リフォーム工事の事例紹介です。弊社も工務店として、住宅の新築や増改築だけでなく、リフォーム工事も請け負っています。たくさんのリフォーム工事の種類がありますが、その中でも特に需要としてあるのが浴室のリフォーム工事です。

この写真は昨年末に工事させてもらった西都市のK様。ダイワハウスさんで家を建てられて、築20年。建物のあちこちに気になる箇所があり、少しずつ手を入れていかないといけない状態で、まずは既存のユニットバスを新しくしたいとのご依頼でした。

これが改修前のユニットバスです。

K様は週に1度、カビキラーなどで掃除を繰り返してたそうなんですが、さすがに汚れやカビがおちなくなり、ユニットバスの入れ替えを決断されたそうです。

照明も暗く、窓のブラインドも動かなくなっていました。K様には、TOTOさんとハウステックさんのショールームで実際に見ていただき、ハウステックさんの商品を選ばれました。

改修後の写真がこちらです。

ユニットバスは、浴槽の形状や色、床の色、壁の色、水栓の種類などたくさん決めることがあります。K様もかなり悩まれました。選ばれた色の組み合わせは、大人っぽく、かっこいい仕上がりになってます。また、ロングカウンターと言って、手摺り代わりになったり、シャンプーなどの備品も置くことが可能なカウンターが大変好評でした。

窓側の仕上がりがこちら!

照明がLEDになったこともあり、ブラインドを閉めていてもこの明るさです。写真の手前に見えるのは、ふろふた。蓋も断熱材が組み込んであり、軽量で湯冷めを抑えるための工夫がされています。また、ふたを壁に掛けられるようになっており、浴槽の上に置かなくて済むため、汚れがたまりにくく掃除もしやすいです。

最後に見てもらいたいのが、浴槽の大きさと形状。

この浴槽は、ハウステックさんのコレンテワイドという浴槽で、半身浴をしたり、家族で入ってコミュニケーションがとれるようベンチ式になっています。私も中に入って見ましたが、特に肩幅の広い男性にはゆったりあるのでおススメですよ。これだけ浴槽が大きいと満水容量が気になりますが、実は通常の浴槽と同じ280Lなんです!形状を工夫していることで湯量も同等で納めている点もポイントが高い商品ですね。

ハウステックさんのホームページはこちらです。http://www.housetec.co.jp/

いま現在で、浴室の改修工事は3件ほどご依頼を受けています。家を建て、子供が自立して家を出ていき、夫婦2人で住まわれている家というのはたくさんあるのが現状です。その中で、なぜ浴室の改修に着手するのか。それは寒いから=ヒットショックが怖いから。というのが一番良く聞く理由です。

些細なことでも、ご相談にのらせてもらいます。弊社は見積段階でお金をいただいたりもしておりません。是非お困りの方は御連絡ください^^

2018年02月01日未分類

高鍋町のWB HOUSE 新築平屋建て④(構造見学会の御礼)

先日、高鍋町の新築現場で2日間にわたりWB HOUSE の構造見学会を実施しました。なぜ完成ではなく、構造見学会なんですか?と来場者の方にも質問されましたが、率直にお答えしました「家の骨組みや家が呼吸する仕組みを見てもらいたいからです」と。

家の構造は、人でいう内面(性格)の部分。人も外面は、髪形を変えたり、服装を代えたりしてイメージを替えられますし、家も外観はリフォームをしたり改装することで変化することはできます。でも、内面(構造)はどうでしょうか?人は性格や考え方など、そう簡単に内面を変えられるものではありませんよね?家も同じです。一度、建てたら、家の骨組みや仕組みを変えることはなかなか容易ではありません。

そのために、あえて構造見学会を実施しました。果たして、その成果は・・・

おかげさまで、一般の方が10組、業界関係者が5組、来場してくださいました。

せっかくの休日で皆さんご予定のある中、足を運んで、見てくださり、本当にありがとうございました。

WB HOUSE のキーワードは、

①夏涼しく ②冬暖かく ③長持ち ④健康

の4つです。来場していただいた方には、時間の許す限り、建物内や模型などを使ってご説明させてもらいました。

これからも、弊社のアピールポイントとして、他社さんとの差別化をはかるべく、WB HOUSE そして大工力をPRしていきます。

今回、来場して下さった方にプレゼントした「踏み台」も大変好評でした^^観葉植物を置く台にしたり、小さなお子さんが洗面台で手を洗う時の踏み台にしたり、台所の高い荷物を取る際に使ったりと便利な「踏み台」

3月に予定している完成見学会では、何をプレゼントしようか、これからじっくり考えます。

また、現場の完成にむけて、大変寒い日が続きますが、社員一同がんばってまいります。

 

2018年01月09日未分類

高鍋町のWB HOUSE 新築平屋建て③(構造見学会のお知らせ)

あけましておめでとうございます。

昨年も大変お世話になりました。今年も一人一人のお客さんと親身に関わっていけたらと思っております。新年早々にいきなり宣伝です(笑)

いま高鍋町で着手しているWB HOUSE の構造見学会を開催させてもらえることになりました。建て主のお客様のご理解があってこそです。本当に感謝しております。

◎日程:平成30年1月27日(土)・28日(日)

◎時間:10時~16時

となっています。

見学会の開催場所は、チラシ内にある地図の通りです。是非お気軽にお越しください!!

 

オーナーズインタビュー vol.1