工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2020年05月27日未分類

便器の選び方

住宅には、かならず「トイレ」が必要です。

まだ、新型コロナウイルスの影響で、いつもであれば2週間ぐらいの納期で便器も手元に届いておりましたが、いまは2週間以上の納期がかかってしまいます。

お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

さて、こちらの写真は、TOTOのネオレストAHという商品です。タンクレスと良く言われますが、このシンプルな便器の中にすべての設備が搭載されています。

タンクレスと言えば、何と言っても見た目の美しさ。お掃除がしやすく、見た目もカッコイイですよね。

一度に流す水の量は、なんと3.8リットルです。

停電した場合も、後ろのカバーを外して、電池式のアダプターを差し、内臓のタンクに水を入れれば、水が流せる仕組みになっています。

また、TOTOさんは長期保証制度を導入しており、最初に約18000円ぐらいの保証料をお支払いすれば、10年間は部品交換やメンテの出張料もかかりません。そのため、弊社では最初から工事見積金額に保証料を含んでおります。

この一体型便器でネックな点は、故障したらすべて交換しないといけないことです。よく7~8年しか経っていないのに、部品が廃盤ですので修理ができませんと言われます。

その際に、一体型の便器はすべて交換となるのでリスクも高くなります。しかし、長期保証制度を利用していれば、10年間は安心です。

その点、便器・便座・タンクが別々になっている組み合わせ便器の方が、メンテナンス費用を抑えることができます。

こちらの写真が、TOTOさんのピュアレストEXという組み合わせ便器の商品です。

便器に対して、何を優先するのか。じっくり考えた上で結論を出すことをおススメいたします。

オーナーズインタビュー vol.1