工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2019年07月31日未分類

まずは地盤が大事

もう、この暑さは何なんでしょうか!?

私は仕事柄、現場から現場への移動が多いのですが。クーラーの効いた車内と炎天下の現場を繰り返し移動して、乗り降りしていると、体調がおかしくなりそうです。

そんな暑さの中、9月上旬に棟上げ予定のKさま邸新築工事の現場へ行ってきました。

昨日と今日の2日間、かわじ建設さんに地盤補強工事を行っていただきました。

初めて、仕事をご一緒させてもらいましたが、とても仕事が丁寧で、対応もスピーディであり、大変お世話になりました!ありがとうございました。

今回の地盤補強方法は、『エコジオ工法』。補強のための穴を堀ながら、廻りに土を押し付けることで、ほとんど残土を出さずに丸い穴を掘ることができます。

予定の深さまで到達したら、つぎに。

下から砕石を入れ、転圧しながら、上へ機械を上げていきます。

こんなにソバで作業員の方が、機械がずれていないかなどを確認しながら施工していました。

今回は、地盤調査の結果と弊社の判断を総合し、地盤が軟弱な粘土層だったため、地盤補強を実施しました。

まずは、地盤が大切です。建物を支えるだけの力がない地盤には補強が必要です。

また、その判断を一歩間違えれば、お客様に多大な損害を与えてしまいます。

最初の難題をクリアしましたが、これからも気を抜かず、現場を管理していきたいと思います。

オーナーズインタビュー vol.1