工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2019年07月31日未分類

まずは地盤が大事

もう、この暑さは何なんでしょうか!?

私は仕事柄、現場から現場への移動が多いのですが。クーラーの効いた車内と炎天下の現場を繰り返し移動して、乗り降りしていると、体調がおかしくなりそうです。

そんな暑さの中、9月上旬に棟上げ予定のKさま邸新築工事の現場へ行ってきました。

昨日と今日の2日間、かわじ建設さんに地盤補強工事を行っていただきました。

初めて、仕事をご一緒させてもらいましたが、とても仕事が丁寧で、対応もスピーディであり、大変お世話になりました!ありがとうございました。

今回の地盤補強方法は、『エコジオ工法』。補強のための穴を堀ながら、廻りに土を押し付けることで、ほとんど残土を出さずに丸い穴を掘ることができます。

予定の深さまで到達したら、つぎに。

下から砕石を入れ、転圧しながら、上へ機械を上げていきます。

こんなにソバで作業員の方が、機械がずれていないかなどを確認しながら施工していました。

今回は、地盤調査の結果と弊社の判断を総合し、地盤が軟弱な粘土層だったため、地盤補強を実施しました。

まずは、地盤が大切です。建物を支えるだけの力がない地盤には補強が必要です。

また、その判断を一歩間違えれば、お客様に多大な損害を与えてしまいます。

最初の難題をクリアしましたが、これからも気を抜かず、現場を管理していきたいと思います。

2019年07月29日未分類

真夏の屋根リフォーム

なが~い梅雨が明けて、待っていたのは、あまりにも暑すぎる日射しでした。

この真夏日に、屋根のリフォームに着手しております。

現場は、高鍋町内で古くから商いをされている松村好行金物店さんです。

昨年の台風で2階部分の屋根瓦が一部破損してしまい、廻りの住民の方にも迷惑をかけてはいけないと、屋根替えをする決断をされました。

しかし、この屋根。なんと、屋根の勾配が6寸勾配もあるのです。写真では、あまり急には感じないかもしれませんが、新築の通常の屋根勾配が3~4寸すので、それよりも急であるということになります。

今日は、2階の屋根替えに備えて、これまた古いのですが、1階の屋根や天窓に瓦が落ちたりしてもいいように、大工さんと養生対策をしてきました。

あとは、瓦業者さんの都合を待つばかり。この真夏日の屋根リフォームは、誰しもが酷に感じる仕事ではありますが、この時期まで待っていただいたお客様に私たちは言い訳することなど出来るはずもありません。

本格的な台風シーズンに備え、今回の仕事もひたむきに取り組みたいと思います。

2019年07月26日未分類

高鍋町の WB HOUSE 新築平屋建て【後編②】

以前、後編①=外観をご紹介したHさま邸の後編②=内観をご紹介したいと思います。

こちらが、玄関ホールです。玄関からシューズクロークへの動線や鍵などを置くための飾り棚を設けました。

玄関横のシューズクロークは、ご家族の靴がすべて収納できるよう、収納量を意識しました。また、子供さんの成長に合わせ、靴の大きさも変わってきます。そのため、すべて可動棚で造作しました。

また、「リビングを通らずにお客さんをご案内したい」というご要望があったので、玄関ホールからすぐ客間である和室に入れるように、間取り計画いたしました。家庭訪問などもこらから増えますし、急な来客があってもプライベート空間を見せずにご案内することができます。

客間でもある和室は、4.5帖の広さに設計しました。天井には杉板を貼り、壁はコットンクロス、床は樹脂畳を使用しております。ご兄弟や親戚などが遊びにきた場合でもゆっくり過ごせるお部屋に仕上がりました。

リビングダイニングは12帖の広さなので決して広いとは言えないかもしれませんが、お客様の家族構成に対しては十分な広さを確保することができました。南面からの採光も十分であり、西側には勝手口を設け、風通しの良さも実現できております。

キッチンは対面式を選定されました。キッチンで料理や家事をしながら、子供さんの様子も見え、安心して使用していただけると思います。全体的にダークな色がお好きなお客様ではなく、どちらかというと自然な色合いを好まれましたので、全体的に柔らかい統一感のある空間に仕上がりました。

子供室や寝室もクローゼットを含めずに6帖のスペースをとりました。あまり窮屈にならないよう、また広すぎでも・・・という意識です。

こちらは、浴室のユニットバスになります。照明は、温かみのある電球色を選定されました。お掃除のしやすい、Takara Standard製を採用しております。

これが、内観の大まかなご紹介になります。

お客様のご要望に対して、私たちがどのような提案ができるのか、まだまだ勉強の日々です。今回、ご縁のあったHさまも子供さんと一緒に新しい家での生活がスタートされています。WB HOUSE での生活がどういった感想なのか、また近々寄って、感想を伺ってみたいと思います。

これからも、一人一人のお客様のしっかり向き合って、仕事に励んで参ります。

2019年07月21日未分類

ダイニングキッチンのリフォーム

ようやく梅雨明け?しそうな予感がしますね。先月のことになりますが、木城町でダイニングキッチンのリフォームをさせていただきました。

ご依頼された内容は、

・システムキッチンの取替え

・天井、壁のクロスの張替え

が主な内容です。

ビフォアーがこんな感じでした。

かなり綺麗に使われておりましたが、所々に劣化が見られたため、昨年ごろからシステムキッチンの取替えを検討されていました。

天井と壁のビニールクロスも、黒ずんでいたため、全体的に部屋が暗い印象でした。

工事完了後のアフターがこんな感じです。

システムキッチンの全体の長さを15センチほど短くし、勝手口への出入りをしやすくしました。また、キッチン回りのタイルを剥がし、ホーローのキッチンパネルを貼ったことで、全体的に明るくなりお掃除もしやすくなりましたね。

クロスも張替えたことで、かなり部屋が明るくなりました。さらに、お客様の追加要望があり、腰から下にもキッチンパネルを張ったことで、炊飯器やレンジの裏もお掃除しやすくなりました。

このような、水回りのリフォームは、一時的に使えなくなるため、少し不自由な思いをしますが、リフォーム後は皆さん大変喜んでくださいます。

ご検討中の方も、是非ご参考ください。

2019年07月01日未分類

ホームページを更新しました

今日から7月がスタートしましたね。

今年は梅雨入りしてから、あまり雨が降らなかったので、空梅雨なのかなぁ~なんて思ってましたら、とんでもありませんでした。

昨日から断続的に大雨が降っており、弊社の地区は、避難準備情報が発令されています。土砂災害や河川の氾濫なども心配されますので、皆様もご留意ください。

さて、工建設のホームページを始めてリニューアルしました。

ホームページ内に使用している各ページの写真を更新し、第3弾となるオーナーインタビューの更新(必見です!)や施工実績の更新なども行いました。

是非、ご覧ください。

オーナーズインタビュー vol.1