工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2019年06月07日未分類

最後の台風修繕

タイトルを見て、まだ台風修繕終わってなかったの?と怒られてしまうかもしれませんが、昨年の台風で住宅が被害に遭われたお客様から弊社には80件以上の問い合わせがありました。今回ブログでアップするお客様が最後の台風修繕現場となります。長い道のりでした。

これは何をやっている写真かと言いますと、南側の瓦を一旦北側に運んだ後の写真です。

こちらの現場は、台風の際に、瓦が割れたり飛散したりしていないのに5部屋以上で雨漏りが発生しました。その原因というのは、瓦ではなく「ルーフィング」だったのです!

昔のルーフィングは、フェルトと言って、少し硬めのゴムの様な素材になっています。瓦を剥いでみると、こんな状況でした。劣化が激しく、とても台風に耐えれる状態ではありませんでした。

瓦業者さんと弊社の社員大工さんを総動員し、計11名で作業にあたりました。宮崎も梅雨入りしてしまい、今週は昨日と一昨日の2日間しか晴れないとの予報だったので、人数をかけての作業となりました。瓦の下のルーフィングもですが、かなり埃も溜まっていました。

一番大変だったのは、この瓦を掃除する作業です。もともと、既存の瓦は、セメント瓦で塗装がしてありました。それだけなら良かったのですが、さらにコーキングと言って、瓦の隙間を防水材で埋めてあったのです。それを取り除く作業がかなり堪えました。

既存の瓦は替えずに、瓦の下のルーフィングを張り替えるといった仕事は、かなり珍しいケースです。

でも、使える瓦を捨てるのも勿体ないし、新しい瓦にすればコストも大きく膨らんでしまいますよね。ただ、本当にキツイ作業だったことは間違いありません。

この様に、新しい「ゴムアスルーフィング」を敷き、瓦の下がリニューアルされました。

もちろん、瓦を固定するための、瓦桟も新しくしました。

暑い中、弊社の社員大工さんと瓦業者さんが本当に頑張ってくれたおかげで、何とか作業も無事に終わりました。

本当にお疲れさまでした。

これで、台風修繕はようやく終わりましたが、次の台風までに、屋根替えを3件ほど頼まれています。待っていただいているお客様のために、何とか段取りして次の台風に備えたいと思います。

オーナーズインタビュー vol.1