工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2018年08月22日未分類

高鍋町の新築平屋建て WB HOUSE 【連載③】

こんなことってあるんでしょうか。

台風が立て続けに2つも発生し、宮崎県もかなりの影響を受けています。台風19号と20号!頼みますから、あまり暴れないで欲しいものです。

弊社も、高鍋町で着工している WB HOUSE の現場が着々と棟上げにむけて準備を進めています。

台風の影響で工事を前倒しし、先週の土曜日に土台敷きを行いました。

↓ 土台を加工する牧草棟梁

↓ 土台のアンカーボルト締めをする大西大工

↓ 土台敷きの状況です。今回もすべて手刻みで材木の加工を行いました。

↓ 土台敷き後の全景です。弊社では、外部足場を組む前に外周廻りに防草シートを敷きます。なぜか?建築中に泥が跳ね、外壁やサッシなどが汚れないようにです。また、防草シートは雨水も抜けるので、現場で作業する際も靴に泥がつきにくくなる利点があります。

無事に土台敷きが終わり、梁や桁、母屋や小屋束を現場で組み立て、クレーンですぐに上げられるように段取りも行いました。

↓ 外部足場も組み終わっております。北側から撮った写真です。

↓ こちらが東側から撮った写真です。道路から見ると結構な高さに感じますね。

あとは、あとは!24日(金)と25日(土)の棟上げ時に雨風が激しくならないこと。現場で作業中に事故や怪我が発生しないこと。そして、何より、施主様が喜んで下さることを願って、万全の準備をしたいと思います。

オーナーズインタビュー vol.1