工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2017年12月26日未分類

高鍋町のWB HOUSE新築平屋建て②

今年も仕事納めまで残りわずかです。私は、おかげさまで児湯郡内を走り回りながら忙しい年末を過ごしております。お仕事のご依頼をいただける環境があるからこそ!本当に有難いことです。

年末になると増える工事項目があります。名付けて「あるあるベスト3」ってのを私が勝手に考えました。ほんとに年末になると増える依頼です。

第1位 網戸の貼り替え と 障子の貼り替え

第2位 照明器具の取り換え

第3位 水廻りの改修工事依頼

この3つは、毎年共通して年末になると依頼が増えるので面白いです。

ちなみに、今年は「工(たくみ)さん、年末やし、屋根や外壁とか外部を水洗いして」という依頼も受け、平田塗装店さんに実施してもらいました。築12年になるOBさん宅でしたが、ほんと新築のように水洗いすると外観が見違えましたよ。

 

さて、先日高鍋町でWB HOUSEの棟上げを実施しました。

天候もよく、まさに棟上げ日和。建て主さんには、休憩の茶菓子、せんぐ撒きの準備、夜の直会の準備など本当によくしていただきました。

◎棟上げ開始

◎棟上げ中盤

◎棟上げ終了

棟上げ時は、屋根の形状に苦戦しました。弊社では、一般的な切妻の屋根を建てることが多いので、今回のように段違いの屋根は今までと勝手が違いました。なんとか、大工さんや協力業者さんのおかげで棟上げを無事に終えることができ、感謝しています。

〇朝は温度が低く、材木の上に霜がおりていました。おそるおそる歩く大工さん。

〇建物のゆがみをチェックする牧草棟梁

〇コミ栓の穴をあける大西さん

〇母屋配りを見守ることしかできない私

〇棟上げ中に構造材を見上げてみる

〇屋根下地の針葉樹合板をN釘でとめる保設備さん

また進捗をアップしたいと思います。

オーナーズインタビュー vol.1