工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2017年12月26日未分類

都農町の平屋建て住宅④(完成写真 外観編)

都農町で建築していた平屋建ての住宅が完成しました。建て主さんの好きなカラーは紺色!!!外観にも内観にも惜しみなく使っています。年末までにお引渡しできて本当によかったですし、建て主さんに喜んでいただけたことが私にとって最大のご褒美でした。河野さんご夫婦、本当にお世話になりました。これからも末永いお付き合いを宜しくお願いします。今回は、完成写真をコメントを添えながら紹介します。まずは、外観編です。

◎外観1:外観は、黒・紺・プラチナステンの3色をメインに統一感のあるデザインに仕上がりました。カーポートも風速42mほどまで耐えられる2台用で、駐車所から玄関にむけてコンクリートを打設し、緩やかなスロープを設けています。

◎外観2:玄関は家の顔。シンプルなデザインを選ぶことで他のサッシとマッチしています。玄関庇にはセンサーライトを設置しているため、共働きのご夫婦が遅い時間に帰ってきても安心です。

◎外観3:ウッドテラスは、塗装の色としてチークを選択。木で作るとメンテナンスが大変ですが、建築コストを抑えることができ、何よりも温かみがあって足ざわりや手触りがいいです。

注文住宅は、予算内で建て主さんと1つ1つ作り上げていくことが最大の魅力です。外観にも住む方の個性が出て、そこがまたいいのです。今回も河野さんご夫婦からたくさんのことを勉強させてもらいました。違った視点や違った考え方、違った価値観を聞くことは、私自身にとってプラスでしかありません。

河野さんご夫婦との縁も、私の知り合いの方からご紹介していただきました。人と人との縁をこれからも大切にしていきたいと思います。

2017年12月26日未分類

高鍋町のWB HOUSE新築平屋建て②

今年も仕事納めまで残りわずかです。私は、おかげさまで児湯郡内を走り回りながら忙しい年末を過ごしております。お仕事のご依頼をいただける環境があるからこそ!本当に有難いことです。

年末になると増える工事項目があります。名付けて「あるあるベスト3」ってのを私が勝手に考えました。ほんとに年末になると増える依頼です。

第1位 網戸の貼り替え と 障子の貼り替え

第2位 照明器具の取り換え

第3位 水廻りの改修工事依頼

この3つは、毎年共通して年末になると依頼が増えるので面白いです。

ちなみに、今年は「工(たくみ)さん、年末やし、屋根や外壁とか外部を水洗いして」という依頼も受け、平田塗装店さんに実施してもらいました。築12年になるOBさん宅でしたが、ほんと新築のように水洗いすると外観が見違えましたよ。

 

さて、先日高鍋町でWB HOUSEの棟上げを実施しました。

天候もよく、まさに棟上げ日和。建て主さんには、休憩の茶菓子、せんぐ撒きの準備、夜の直会の準備など本当によくしていただきました。

◎棟上げ開始

◎棟上げ中盤

◎棟上げ終了

棟上げ時は、屋根の形状に苦戦しました。弊社では、一般的な切妻の屋根を建てることが多いので、今回のように段違いの屋根は今までと勝手が違いました。なんとか、大工さんや協力業者さんのおかげで棟上げを無事に終えることができ、感謝しています。

〇朝は温度が低く、材木の上に霜がおりていました。おそるおそる歩く大工さん。

〇建物のゆがみをチェックする牧草棟梁

〇コミ栓の穴をあける大西さん

〇母屋配りを見守ることしかできない私

〇棟上げ中に構造材を見上げてみる

〇屋根下地の針葉樹合板をN釘でとめる保設備さん

また進捗をアップしたいと思います。

2017年12月08日未分類

高鍋町のWB HOUSE新築平屋建て①

11月中旬から高鍋町でA様邸の新築現場がスタートしています。

来週の12-13日が棟上げの予定です。最近は週1日程度、雨が降ることもありますが、ほとんど天候に左右されずに現場作業が進められています。

この物件は、約1年ほどお客さんと打合わせを重ねたので、特に思い入れの強い現場です。旦那さんは和風が好き、奥さんは洋風が好き(笑)という対照的なご夫婦なので、はじめはどうなるかと思いましたが、だいぶ奥さん寄りのプランに仕上がりました。

また、弊社では初めて、長期優良住宅の建物となります。この長期優良住宅とは、国が補助事業として進めている家の造り方で、耐震性・断熱性・耐候性など様々な仕様をグレードアップさせています。

さらに!WB HOUSEです。人が呼吸するように家も呼吸しながら、住む人と共存する家造りです。お客さんにお願いして、構造見学会や完成見学会も開催する予定です。

これが完成イメージ。屋根は洋風瓦で外壁は白基調、お客さんの要望が詰まっています。私も含め、完成が本当に楽しみです。3人の息子くんにも喜んでもらえるように3月末のお引渡しにむけて努力していきたいと思います。

オーナーズインタビュー vol.1