工だより-家と人と技と日々

家づくりにまつわる話や工建設の日常をお届けします

2019年11月07日未分類

電気代が月6,000円安くなる!

家は、夏向きに造れと言われます。

高温多湿な日本では、いかに夏、快適に過ごせるかが課題です。

その中でも、九州南部に位置する、ここ宮崎では太陽による熱も高く、家の屋根や外壁に厳しい熱があたります。

そうすると、家も太陽の熱を抱え込んでしまい、冷房効率も低下してしまうのです。

では、どうやって夏涼しい家を実現させるのか。

それは、家が呼吸できる環境を造ることです。

皆さんは、猛暑日に家の中でどの部分が一番涼しいと思われますか!?

正解は・・・

「床下」なんです。

太陽の熱があたらず、一番ひんやりと涼しい場所が床下になります。

弊社では、気温の変化で反応する「形状記憶合金のバネ」を使ったWB部材を住宅に採用しています。

床下換気口、床と壁の間、屋根のてっぺんから、空気の出し入れを行います。

このバネを使うことで電気に頼ることなく、四季の変化に合わせて、家が自動で呼吸してくれる仕組みが実際に存在するのです。

夏は、床下の冷たい空気を壁や小屋裏にまわし、家全体をクールダウンさせることで、冷房の効率を上げることができます。

実際、富山の工務店さんからいただいたデータによると、WB HOUSEの住宅と高気密高断熱の住宅では、年間にして72,000円!月平均にして約6,000円!も電気代が安くなる(40坪平屋建て、家族4人)ことが実証されています。

2019年10月31日未分類

WB HOUSE とは

弊社が推奨する『WB HOUSE』とは、何なのか?どんな家なのか?

と疑問に思われる方が大半だと思います。

WB HOUSE とは、一言で言い表すことは難しいため、連載しながら、お伝えしていきます。

人は、仕事をして、食べて、呼吸をして、寝て、生きていくために必要な要素を当たり前の様に達しながら生活しています。

木造の家も、同じです。人と一緒に共存しながら生きています。

どうやったら木造の家は長持ちするのでしょうか?

それは、呼吸をすることです。

WB HOUSE は、人が口呼吸と皮膚呼吸をするように二つの呼吸をしながら、長く息づくことができる家造りです。

敏感な人ほど、空気の違いを理解してくださいます。

人は、水を飲みますが、空気は水の10倍ほど体内に摂取しているそうです。

弊社と一緒に、大切な住まいと空気環境について考えてみませんか?

2019年10月21日未分類

高鍋町の新築平屋建て WB HOUSE【連載⑦】

今日は、「ユニットバス」についてです。

こちらは、Fさま邸のタカラスタンダード製のユニットバスです。

ホワイト色を基調にしており、フロントの壁のみ色をブラウン系に変えています。天井には、スッキリしたダウンライト。

それから、浴室暖房乾燥機も搭載されています。

お客様によってご要望は様々です。Fさまは、やはりタカラのホーローに惚れられて、選ばれました。

ユニットバスも、何を「一番の決め手」にされるかがメーカーを選ぶ上でのポイントです。

弊社では、新築もリフォームも多様な対応をしています。浴室の改修も可能です。ぜひ、ご相談ください。

2019年10月12日未分類

高鍋町の新築平屋建て WB HOUSE【連載⑥】

Fさま邸の玄関タイルです。

私たちは、色んなご提案をしなければいけない立場ですが、『こんな張り方できませんか?』とお客様から逆にご提案をいただきました。

まだまだ勉強不足だと反省しました。

頭を柔軟に。固定概念にとらわれないように。楽しみながら。を意識しています。

2019年10月08日未分類

大工育成プロジェクト【連載②】

今日は、『継手(つぎて)』がテーマです。

墨付けの仕方、継手の作り方を真剣に学んでいます。

道具を使う際、ついつい危ない持ち方をしてしまいがちですが、怪我をしないように生徒たちの作業を見守っています。

彼たちのひたむきな姿勢は、こちらのやる気にも繋がります。

未来の棟梁を育成するべく、真剣に取り組んでいます。

2019年10月02日未分類

ウッドデッキが広い平屋建て WB HOUSE【連載④】

おはようございます。

Kさま邸は、おかげさまで順調に施工が進んでいます。

こちらが屋根断熱の施工状況です。弊社では、天井の上ではなく屋根の真裏に断熱材を張っております。なるべく太陽さんに近いところに張ることで、家への熱侵入を軽減することができます。

同じく外壁側にも同様の断熱材を使用しています。

弊社に新しい仲間が加わりました!

見習い大工の倉野くんです。いま勤め始めて1ヶ月が経ちました。勉強熱心でひたむきな彼の姿を見ると、これからの成長を期待せずにはいられません。

弊社に来てくれたことが、何よりも有り難いことです。彼と一緒に私も会社も成長していきたいと思います。

 

外部も屋根の陶器瓦が葺き終わり、てっぺんにWB部材であるハットヘルスも取り付け終わりました。外壁の下地もある程度完了したところです。

来週から外壁を張り始めます

2019年09月26日未分類

高鍋町の新築平屋建て WB HOUSE【連載⑤】

今日は、Fさま邸の施工写真の中から、パントリーのご紹介をします。

弊社では、対面式のシステムキッチンとバック収納の間を1m以上離しています。理由としては、キッチンもバック収納もお互いに引出しであるケースが多いからです。

家族がストレスなくすれ違うことができ、引出しも使いやすいように意識しています。

その1m以上離れたスペースを抜けると隣にパントリー(食品庫)が併設してあります。これは、Fさまのご要望でした。

 

この部屋には、備蓄する食品類や食器類など、多様な物をストックすることができます。お客様が年月に合わせた使い方ができるように、上部の棚は可動式になっています。

また、杉の壁板やパイン材を使った棚は、すべてクリアー塗装が施してありますので、拭き掃除もし易くなっています。

 

この下部スペースは何だと思いますか!?

このスペースは、ゴミ箱を入れるスペースです。ただ、ゴミ箱って、蓋つきのものもあれば、蓋なしのものもありますよね。

そこで、手前に手を掛けられる立上がりを設け、なおかつ、下にキャスターを付けることで手前に引っ張り出せるように造作しました。

こうすれば、蓋付きのゴミ箱でも楽に使用することが可能です。およそですが、45リットル容量のゴミ箱が4つ入るよう設計してあります。

弊社では、社員大工である利点を活かし、お客様と打合せしながら、パントリーの棚なども造作しております。是非、ご参考ください。

2019年09月18日未分類

大工育成プロジェクト【連載①】

今日は、講師として、宮崎高等技術専門学校に来ています。

弊社が会員になっている宮崎県建築業協会では、昨年から『ひむか大工塾』という大工育成プロジェクトを実施しています。

会員の工務店さんが雇っている見習い大工さんに募集をかけ、希望のあった大工さんの卵達が集まり、大工としての技能向上や学力アップを目指しています。

私自身は大工ではありません。だから、講師でありながら、自分も生徒と一緒になって学んでいます。

全国的に職人不足が懸念されています。自社で大工さんを育てること、これが弊社としても取り組むべき大きな課題です。

この1ヶ月のあいだに、ハローワークを通じて、弊社も2名の新入社員を採用しました。木造建築大工の経験はない人材ですが、彼たちの人間性や熱意を見込んで採用しました。これから、彼たちと共に私も成長し、勉強していきます。

2019年09月14日未分類

高鍋町の新築平屋建て WB HOUSE【連載④】

ようやく季節が秋へと移り替わった気がしますね。朝晩がだいぶ涼しく感じられてきました。

今日は、先日お引渡しさせてもらったFさまから、地区の十五夜祭りへお呼ばれしています。家族で出掛けるので、早く夜にならないかと楽しみです。

さて、こちらの写真は、弊社の大工さんが造作した折り畳みテーブルです。

子供さんがそれぞれのテーブルで勉強したり、工作をしたり、キッチンで料理するお父さんやお母さんと会話を楽しんだり。

色んな情景が浮かんできます。

 

このように、使わない時は、折り畳んで収納できる優れものとなっています。

Fさまがネットで調べて、「こんなテーブル造れますか?」と聞かれたのがきっかけでした。

初めての試みでしたが、上手く納めることができ、安堵した作品の一つです。

2019年09月12日未分類

ウッドデッキが広い平屋建て WB HOUSE【連載③】

先週末に棟上げした、Kさま邸です。

外壁に耐力面材を張り、サッシの枠を取り付け始めましまた。

今回のサッシの色は、ホワイトです。どんな外観になるのか、今から楽しみですね。

弊社では、外壁の透湿防水シートに会社のロゴを印字しています。

メーカーさんに有償で作っていただいてます。単なる自己マンですが、カッコよさを意識しました。

明日から雨が続くようですが、元気いっぱい弊社の大工さんと協力して、現場施工を進めていきたいと思います。

オーナーズインタビュー vol.1